責任ある鉱物調達方針

Policy for Responsible Mineral Sourcing

責任ある鉱物調達方針

横浜金属グループは、RBA行動規範、企業行動憲章および企業の社会的責任(CSR)に基づき、人権、環境、倫理、関係法令、国際ルールなどに配慮した責任ある鉱物調達に向けた取り組みを推進いたします。

「OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」に従い、紛争地域および高リスク地域における児童労働をはじめとした人権侵害、テロリストへの資金供与、マネーロンダリング、不正取引、汚職、紛争への加担、その他違反行為など以下のリスクには加担いたしません。

【リスク】

●鉱物の採掘、輸送、取引に関連した人権侵害。

  1. 1.あらゆる形態の拷問(ごうもん)、残虐(ざんぎゃく)、非人道的で品位を傷つける扱い。
  2. 2.あらゆる形態の強制労働。
  3. 3.最悪の形態の児童労働。
  4. 4.広範な性的暴力など、その他の著しい人権侵害および虐待(ぎゃくたい)。
  5. 5.戦争犯罪、もしくはその他の深刻な国際的人道法の違反行為、人道に対する犯罪、もしくは、集団虐殺。

●非政府武装集団に対する直接的または間接的支援。

●違反行為を行う、公的または民間の保安隊に対する直接的または間接的支援。

●贈収賄および鉱物原産地の詐称(さしょう)。

●資金洗浄。

●政府に対する税金、手数料および採掘権料の未払い。

1. 管理体制の構築

責任ある鉱物調達管理を実施するため、事務局を設置し管理責任者を役員より選任する。

関連部署と連携し、上記リスクの対策に取り組むとともに、鉱物のサプライチェーンに対するリスク評価(デュー・ディリジェンス)を実施するための体制を構築いたします。

2. 調達原料およびサプライヤーの評価

弊社は、提供する商品やサービス、取引形態、取引先の国・地域、顧客の属性等のリスクを包括的および具体的に検証し、調達原料およびサプライチェーンに対するリスクを特定・評価し、リスク評価(デュー・ディリジェンス)責任ある鉱物調達管理体制の下、OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンスに従い、金の調達原料およびサプライチェーンに対するリスク評価(デュー・ディリジェンス)を継続的に実施します。

その結果、管理責任者が高リスクと判断した場合には、組織の決定を経てリスク低減を図ります。

リスク低減ができない場合には、直ちに調達(取引)を中止します。

リスク評価の結果は適正に記録を保管します。

3. 教育訓練の実施

責任ある鉱物調達に関与するすべての部署および担当者に対して、必要な教育訓練を継続的に実施いたします。

4. 取引時確認と取引のモニタリングと記録の保管

弊社は、本人確認、取引時確認(KYC含む)など、顧客の属性や取引内容に適した必要な措置を実施、疑わしい取引については的確に検知できる体制を整備し、当局に対し速やかに届け出ます。

また、受領した調達原料が、サプライヤーから入手した情報と整合が取れていることを監視し、その記録を適正に保管管理いたします。

5. 第三者監査の実施

RMIのガイダンスに則り、責任あるサプライチェーン管理の体制および実施状況に関して、定期的に独立した第三者機関による監査を実施いたします。

制定日:2012年12月1日
改正日:2024年05月1日
横浜金属グループ
横浜金属株式会社
横浜金属商事株式会社

【責任ある鉱物調達に関する お問い合わせおよび通報窓口について】

弊社ホームページ上のお問い合わせフォームより内外部からのお問い合わせ(苦情)、通報を事務局にてお受けできる体制となっております。

下記URLよりお問い合わせください。

<URL:https://yk-metal.com/contact/>

または、RMI苦情メカニズムのお問い合わせフォームをご利用ください。

<URL:https://www.respomsiblemineralsinitiative.org/minerals-due-diligence/risk-management/grievance-mechanism/>

Contact

お問い合わせ

お気軽にご質問・ご相談ください。
各種お問い合わせはこちら。